しわやたるみの原因

どうして、年を取ると人間の肌はしわやたるみができてしまうのでしょう。

しわやたるみができる背景には、どういったことがあるのでしょう。

コラーゲンが減り、エラスチンが変わることが、年齢に伴ってふえるしわの理由です。

大きな要因は紫外線による光老化というものです。

紫外線がコラーゲンを切断し、エラスチンを変性させる酵素を分泌させてしまうのです。

年を取るとしわが増えるのは、紫外線の作用で肌の弾性が失われるためです。

エラスチンやコラーゲンの量は、若い頃は体内で作りだすことが可能ですが、年齢を重ねると新たな分が作られず、しわができやすくなるといいます。

たるみも、コラーゲンが少なくなったためにできます。年齢などの影響でお肌のコラーゲンが少なくなると、お肌の水分が維持しきれなくなり、たるみやすくなってしまいます。

顔のハリを維持するもうひとつの要素は表情筋と呼ばれる顔の筋肉です。

加齢によって表情筋が衰えることもたるみの原因となります。

表情筋は顔のあらゆる部分に存在し、顔の土台となっているものです。

表情筋は顔のたるみに大きな影響を与えることが理解できます。

年を取るとしわやたるみが目立つようになるのは、様々な背景事情があります。

どうしてそうなるかを知って、しわやたるみ予防に役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です