目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを解消するために、目元をマッサージすると、代謝が高まって効果があります。

マッサージは、目の下のたるみをなくすと同時に皮下脂肪をつきにくくするのです。

強くしすぎず、適度な力でするマッサージは、血行もよくなり、新陳代謝をよくするので効果的です。

肌がターンオーバーを正常に行うようになるので、皮下脂肪もつかなくなります。

マッサージは、こめかみから目の下にかけて、指の腹で押すような感じでしてみましょう。

目の下の次に今度は目の上を通ってこめかみまで戻し、そこを少し押すようにすると、血の流れもよくすることができます。

また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。

顔の筋肉を鍛える方法としては、顔を中心に寄せるようにして5秒数え、その後外側に広げるようにする方法があり、表情筋が鍛えられます。

普段使わないような筋肉を使ってみると、これも目の下のたるみ防止になり、たとえば眉を上げたり、目元に力を入れたりしてみましょう。

ただ気をつけないといけないのは皮膚が薄い人で、こういう場合こまかいしわを作る原因になりかねないので、その前に保湿をするようにしましょう。

また化粧水などをつけるときに、目の周囲を軽くたたくようにすると、血行促進に効果があります。

とてもデリケートな目の下は、強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です