目の下たるみの原因

目の下にできるたるみの原因は、老化以外にもいくつかあげることができます。

目元のたるみの中身は脂肪であり、目の周りの筋肉が衰え肌の弾力が失われると目の下の脂肪が押し出され垂れ下がって見えます。

血行不良だったりリンパ循環が悪かったりして余分な脂肪や水分が排出されないと、皮下組織の脂肪細胞は増加して目の下はたるんでしまいます。

生まれ持った体質により、目の下の脂肪も多い人、少ない人がありますが、もともと目の下の脂肪が多ければ、たるみやくまもできやすくなります。

目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。

頬骨が張っている人、それから目の大きい人は、目の下のたるみができやすい人です。

筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。

たとえばパソコンを1日中しているとか、パチンコを長時間していたりすると瞬きが減るので、目のまわりの筋肉が衰えます。

化粧品にも原因がある場合があり、油分の多い化粧品は目の下のたるみのもとになったりします。

油性成分や界面活性剤といった基礎化粧品に使われる成分は、肌の弾力繊維を壊したりするため、目の下にたるみを作ることになります。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。

ですから紫外線を長時間浴びることは、皮膚の弾力を奪われ、目の下のたるみにつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です