加齢による目の下たるみ

顔の中でも、目の下のたるみ部分は気になりやすい部分であり目の下がたるむと老けた印象を与えます。

目の下のたるみの原因として一番考えられのは、加齢による肌の衰えです。

若い10代のころの肌にはたるみなどほとんどありませんが、20歳も超えるようになると、少しずつ眼の下がたるむようになるのです。

この眼の下のたるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで起こります。

人の皮膚は歳をとるとだんだん薄くなるため、弾力もなくなっていき、保持する機能も弱まりまるのです。

眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のようになってふくらむため、肌が全体的に垂れ下がり、これがたるみになってしまうのです。

目のまわりの筋肉は眼の開け閉めの際に使われますが、あけるときは上眼瞼拳筋が、閉じるときは眼輪筋が使われます。

眼の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も低下して、これも原因で眼の下のたるみができてしまうのです。

目の下のたるみは、自分でも確認することが可能です。

大きく口を開けながら上を見て、目の下につまめるような皮膚があるか触ってみましょう。

つまむことができれば、目の下のたるみです。

加齢により肌の弾力が失われてくると毛穴が垂れ下がるため、楕円形の毛穴がある部分はたるみが出始めている証拠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です