しわやたるみの原因

どうして、年を取ると人間の肌はしわやたるみができてしまうのでしょう。

しわやたるみができる背景には、どういったことがあるのでしょう。

コラーゲンが減り、エラスチンが変わることが、年齢に伴ってふえるしわの理由です。

大きな要因は紫外線による光老化というものです。

紫外線がコラーゲンを切断し、エラスチンを変性させる酵素を分泌させてしまうのです。

年を取るとしわが増えるのは、紫外線の作用で肌の弾性が失われるためです。

エラスチンやコラーゲンの量は、若い頃は体内で作りだすことが可能ですが、年齢を重ねると新たな分が作られず、しわができやすくなるといいます。

たるみも、コラーゲンが少なくなったためにできます。年齢などの影響でお肌のコラーゲンが少なくなると、お肌の水分が維持しきれなくなり、たるみやすくなってしまいます。

顔のハリを維持するもうひとつの要素は表情筋と呼ばれる顔の筋肉です。

加齢によって表情筋が衰えることもたるみの原因となります。

表情筋は顔のあらゆる部分に存在し、顔の土台となっているものです。

表情筋は顔のたるみに大きな影響を与えることが理解できます。

年を取るとしわやたるみが目立つようになるのは、様々な背景事情があります。

どうしてそうなるかを知って、しわやたるみ予防に役立てましょう。

目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを解消するために、目元をマッサージすると、代謝が高まって効果があります。

マッサージは、目の下のたるみをなくすと同時に皮下脂肪をつきにくくするのです。

強くしすぎず、適度な力でするマッサージは、血行もよくなり、新陳代謝をよくするので効果的です。

肌がターンオーバーを正常に行うようになるので、皮下脂肪もつかなくなります。

マッサージは、こめかみから目の下にかけて、指の腹で押すような感じでしてみましょう。

目の下の次に今度は目の上を通ってこめかみまで戻し、そこを少し押すようにすると、血の流れもよくすることができます。

また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。

顔の筋肉を鍛える方法としては、顔を中心に寄せるようにして5秒数え、その後外側に広げるようにする方法があり、表情筋が鍛えられます。

普段使わないような筋肉を使ってみると、これも目の下のたるみ防止になり、たとえば眉を上げたり、目元に力を入れたりしてみましょう。

ただ気をつけないといけないのは皮膚が薄い人で、こういう場合こまかいしわを作る原因になりかねないので、その前に保湿をするようにしましょう。

また化粧水などをつけるときに、目の周囲を軽くたたくようにすると、血行促進に効果があります。

とてもデリケートな目の下は、強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。

目の下たるみの原因

目の下にできるたるみの原因は、老化以外にもいくつかあげることができます。

目元のたるみの中身は脂肪であり、目の周りの筋肉が衰え肌の弾力が失われると目の下の脂肪が押し出され垂れ下がって見えます。

血行不良だったりリンパ循環が悪かったりして余分な脂肪や水分が排出されないと、皮下組織の脂肪細胞は増加して目の下はたるんでしまいます。

生まれ持った体質により、目の下の脂肪も多い人、少ない人がありますが、もともと目の下の脂肪が多ければ、たるみやくまもできやすくなります。

目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。

頬骨が張っている人、それから目の大きい人は、目の下のたるみができやすい人です。

筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。

たとえばパソコンを1日中しているとか、パチンコを長時間していたりすると瞬きが減るので、目のまわりの筋肉が衰えます。

化粧品にも原因がある場合があり、油分の多い化粧品は目の下のたるみのもとになったりします。

油性成分や界面活性剤といった基礎化粧品に使われる成分は、肌の弾力繊維を壊したりするため、目の下にたるみを作ることになります。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。

ですから紫外線を長時間浴びることは、皮膚の弾力を奪われ、目の下のたるみにつながるのです。

加齢による目の下たるみ

顔の中でも、目の下のたるみ部分は気になりやすい部分であり目の下がたるむと老けた印象を与えます。

目の下のたるみの原因として一番考えられのは、加齢による肌の衰えです。

若い10代のころの肌にはたるみなどほとんどありませんが、20歳も超えるようになると、少しずつ眼の下がたるむようになるのです。

この眼の下のたるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで起こります。

人の皮膚は歳をとるとだんだん薄くなるため、弾力もなくなっていき、保持する機能も弱まりまるのです。

眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のようになってふくらむため、肌が全体的に垂れ下がり、これがたるみになってしまうのです。

目のまわりの筋肉は眼の開け閉めの際に使われますが、あけるときは上眼瞼拳筋が、閉じるときは眼輪筋が使われます。

眼の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も低下して、これも原因で眼の下のたるみができてしまうのです。

目の下のたるみは、自分でも確認することが可能です。

大きく口を開けながら上を見て、目の下につまめるような皮膚があるか触ってみましょう。

つまむことができれば、目の下のたるみです。

加齢により肌の弾力が失われてくると毛穴が垂れ下がるため、楕円形の毛穴がある部分はたるみが出始めている証拠です。

目のシワ取り

目のシワ取りはどうすればいいでしょう。

目のシワ取りに有効な方法は何でしょうか。

シワはあちこちにできますが、特に気にする人が多いのは目の周りのシワです。

目の回りには様々なタイプのシワができます。

どんなシワが多いかによって、どんな方法なら効果の高いシワ取りができるかが自ずとわかります。

浅いシワであれば、自分でスキンケアをすることでシワを目立たない状態にすることが可能です。

肌の保湿をしっかりすることは、シワ対策に重要です。

肌を乾燥させないことと、シワを深くしないことは密接な関わりあります。

目の回りにクリームや化粧水をつけてケアをしましょう。

水分を皮膚に補給する化粧水で、目の周りの薄い皮膚の乾燥対策をします。両目に、コットンに化粧水を多めにつけたものを10分ほど乗せておくことで、保湿ケアができます。

目の回りの皮膚が乾燥しないように、保湿をきちんとすることがシワ取りの基本になるといえるでしょう。

一旦シワができると、家でできるお手入れは限界があることもあります。

美容クリニックなどの施術でシワ解消も考えてみてください。

余った皮膚やたるみの部分を美容施術によって除去するというもので、痕も残らず手術をすることができますので、興味があるなら調べてみてください。

目の周囲の皮膚は、比較的薄くデリケートなのでシワが多くなりやすいという特性がありますので、シワ取りが大事です。

額のシワ取り

額にできるシワは、年々深くはっきりとしてきます。

シワ取りにはどんなやり方があるでしょう。

年齢によるシワの増加以外にも、額にシワができてしまう要因が存在しています。

お肌に長時間紫外線を浴びせることや、肌の水分不足もシワの理由になります。

睡眠を確保することと、紫外線を避けることがシワ取りの基本です。

乾燥した皮膚を保湿し、十分に水分を与えることによって、ふとしたときにできるシワを取り除くことが可能になります。

肌の組織が老化し、保湿力が低下することで、ふっくら感がなくなって皮膚にシワができます。

化粧水をふんだんに使って皮膚に水分を与え、乳液や美容液をつけて蒸発を防ぎます。

シワが額にくっきりとできている人は、額パックで額を集中的に保湿するという方法があります。

美容クリニックやエステでのシワ取りコースを受けてみたい人は、ヒアルロン酸やボトックスでのシワ取りが受けられます。

施術費用は請求されますが、シワ取り効果をすぐに得られるという利点があります。

表情の癖などがきっかけで、額にできたシワが消えなくなってしまうことがあります。

普段から眉間にシワを寄せる癖があると、眉間のシワが何もしていない時でも残ってしまいます。意識するだけでも効果があるかもしれません。

様々なアプローチ方法が額のシワ取りにはありますので、自分に合うものを実践してみてください。